コラム


銀行やクレジット会社のドメインを語る詐欺メールに注最近は、迷惑メールも巧妙になってきました。
正式な銀行名やクレジット会社名を名乗り、ドメインも正しいものを記載または、正しいドメインでメールを送信してきます。
図は、その一例ですが、このようなメールは全て、詐欺メールです。
危険なリンクをクリックしないように、テキスト文にしているので、明示されていませんが、このようなメールには、リンクが含まれています。
そのリンクをクリックすると詐欺サイトやマルウェアサイトに飛ぶようになっています。絶対にクリックしてはいけません。そんな迷惑メールは、内容を信じず、すぐに削除しましょう。
それでも尚、電子マネー決済サービスによる不正引き出し等が不安な場合は、ブラウザを新たに立ち上げて正しい銀行やクレジットカード会社のサイトにアクセスして、会員IDやパスワード等でアクセスして、チェックするようにしてください。そうすれば、すぐに迷惑メールの内容が嘘であるとすぐに判明します。
ところで、こんなメールを送る連中は、犯罪者ですが、知っているのはメールアドレスのみです。不安がらず、抗議メールを送らず、削除するだけで問題ありません。
そういう理由で、気を付けてメールを見て、詐欺メールなら、相手にせず、削除することが一番の対策です。



2020/09/18 08:16

_1_ _2_ _3_ _4_ _5_ _6_ _[7]_ _8_ _9_

コラムトップ