コラム


Windows10アップデートのドライブのバグの対処方法Windows10pro 2004で運用していますが、雑誌等の記事にもある通り、Windows10のアップデートには、バグが存在します。
それは、ドライブの最適化で分析や最適化をしても、起動の度にその情報は失われ、未実行状態となってしまうことです。
このバグは、HDDドライブなら無関係ですが、M.2を含むSSDドライブの場合、影響を受けます。
この原因は、M.2を含むSSDの書き込み回数が限られていることに起因しています。
つまり、最適化を何回も実行するとドライブの書き込み回数という寿命を縮めてしまうということです。
実は、この問題は、昔から知られており、その対策として取られているのは、「スケジュールされた最適化」をオフとすることです。
実際に、M.2を含むSSDドライブの場合は、最適化は不要です。昔はもっとこの書き込み回数の寿命が短い状態にあり、WindowsのOSの自動最適化を切るというのは常識でした。
そして実際に、この機能をオフにしても、Windowsの起動やアプリケーションの起動、処理の軽快さに影響はありません。
むしろ、WindowsのOSの自動最適化機能をオフにした方が、アプリケーション等の動作はスムーズです。
でも、どうしても最適化したい場合もあるかと思います。その場合は、非常に簡単で、ドライブのプロパティから、最適化を表示し、手動で分析や最適化処理を行えばいいのです。
一度それを行えば、それ以降、長い間しなくとも問題はありません。



2020/09/03 02:41

_1_ _2_ _3_ _4_ _5_ _6_ _7_ _8_ _[9]_

コラムトップ