ホームページ制作,WEBプログラミング,WEBデザイン,PCサポートで経験豊富な工房ジーソルターです。お気軽にご相談ください。

コラム

monacaでadmob広告を組込む(覚書)

https://ja.monaca.io
ハイブリットアプリ開発のフレームワークは、Ionicとmonacaがありますが、日本の会社ということで、monacaを取り上げます。
admob広告をハイブリッドアプリに組み込むためのプラグインは、現在、3つあります。
admob proとadmob freeとadmob-plusです。この3つの中でadmob proは、シェアウェアですがandroidのみ使用でき、iosでは、デバッグまでで、
実際にリリースバージョンを制作して、appleのデベロッパーサイトに上げるとエラーがメールで返ってきます。
内容は、App Store Connect名で、UIwebViewは、使用できません。WKWebViewをセキュリティと信頼のために必要とのメールです。
それ故に、admob proは、利用できません。残るは、admob freeとadmob-plusですが、admob freeは、既に古く開発を停止しています。
しかし、それをjarodms氏が改変して使用できるようにしています。これを使用する以外は、導入は難しいです。
それで、一応は、jarodms氏のadmob freeでandroid、ios共に使用できるようになります。
 最後の一つは、今でも開発が進行中で、最新のadmob広告プラグインで、admob-plusというものです。
但し、monacaの場合、このadmob-plusの導入方法のまとめ記事が出ているには出ているのですが、そのまま記載してadmob-plusを利用しようとしても利用できません。
また、admob-plusの説明ページが別に作られていて、インストールの仕方が記載されていますが、その通りやってもエラーが表示されてインストールできません。
記載ページは、https://admob-plus.github.io/docs 内のCordovaのInstallationページにある方法ですが、記載のある2つのコマンドを試してもインストールできません。
しかし、その下の、android、iosのconfig.xmlの設定方法は、必要なのでひとまず先に設定しておきます。
 admob-plusの本当の導入方法は、最初に、CLOUD IDEを開き、Preview Logの横のプラス文字をクリックして、new Terminalをクリックします。
その/project $行で、クローンコピーを行います。コマンドは以下の通りです。
git clone https://github.com/admob-plus/admob-plus.git
すると、node_modulesの上に、admob-plusフォルダが出来ます。このadmob-plusフォルダをnode_modules下に、移動させます。
次に、Configureメニュー内、Cordova Plugins Settingsをクリックして、出現したページのimport Cordova Pluginボタンをクリックします。
Specify URL or Package Nameをチェックし、Package Nameにadmob-plus-cordovaを記載してOKをクリックします。
すると、バージョンが書かれていない、admob-plus-cordovaプラグインが作成されます。この形式のプラグインは、ビルド中に組み込まれます。
そのプラグインをポイントすると、DisableとConfigureボタンが表示されますので、そのConfigureボタンをクリックします。
すると、子ウィンドウが立ち上がり、Install Parameters記載部分が表示されます。ここに、APP_ID_ANDROIDとAPP_ID_IOSを2行記載するか、
それぞれを1行だけ記載します。これで、admob-plus-cordovaプラグインが利用できるようになります。
 また、しばらくすると、https://github.com/admob-plus/admob-plus.gitのアドレスを覚えるので、
Specify URL or Package Nameをチェックし、Package Nameにadmob-plus-cordovaを記載してOKをクリックするだけで、インストールできるようになります。
また他に、Package Nameに、admob-plus-cordova@Ver番号を記載すると、特定のバージョンのプラグインをインストールできます。
 尚、古いバージョンのプラグインをインストールする場合は、既にある、node_modules下のadmob-plus-cordovaやadmob-plusを一度削除してから、インストールしてください。
また、成功したプラグインを所持したい場合でビルドしてもnode_modules下に無い場合は、Preview Logのタブ右横のドライバーボタンをクリックします。
すると、Project Recoveryウィンドウが出てくるので、Reconfigure node_modulesとRefresh terminal serverにだけチェックを残し、Start Recoveryボタンを
クリックします。
すると、Project Recoveryウィンドウ内で、リカバリーが始まります。リカバリーが終わると、node_modules下にadmob-plus-cordovaプラグインが出来ています。
これを右クリックしてExport Folderをクリックします。すると、PC内にdir.zipができるので、これを解凍してください。
すると、admob-plus-cordovaフォルダが解凍されます。これをそのままzip形式で圧縮してください。するとadmob-plus-cordova.zipのプラグインができます。
こうして制作したプラグインは、普通のプラグイン同様に、import Cordova Pluginボタン内の、Upload Compressed ZIP/TGZ Packageでインストールできます。

2021/07/29 23:31

脅迫メールが送られてきました。

「貴方のデバイスにハッカーがアクセスしています。詳細を今すぐ確認してください!」というタイトルで脅迫メールが送られてきました。
メール文で、当方のPCにハッキングして、色々情報を抜いているとか、カメラやマイクをハッキングしたとか書いています。
それなら、添付画像がある筈ですが、ありません。これは、単にメールアドレスを知っているだけだからです。
こういうメールの目的は、不特定多数にこの種のメールを送って、引っかかる人間を探すことです。
うっかり引っかかって、個人ウォーレットにお金を振り込めば、それを頂戴して逃げます。虚偽を書いて送ってきているので、真に受けてはいけません。
また、引っかかった人のメールアドレスは、詐欺に引っかかりやすい人のメールアドレスとして登録され、高値で販売され、更に多くの犯罪者から何度も騙されることになります。
だから、こういうメールは、無視して削除してください。問合せをすると、余計に脅し文句を書いて、金を搾り取ろうとします。元々が、犯罪者なので、最初から相手にしてはいけません。

2021/05/28 19:58

有名通販サイトのドメインのメールでも要注意!

このメールにあるように、メールのドメインは、有名通販サイトのドメインです。
しかし、メール文を読んでいくと、日本人が書いた文章とは思えない拙い文章になっています。
それで、偽メールであるのは、すぐに判別できますが、今回は新たに電話番号を指定してきました。
この文章にある電話番号は、検索すればすぐに分かりますが、有名な架空請求詐欺の電話番号です。
このように、こういうスパムメールは、そもそも個人名が書いてありません。このスパムメールでも、お客様となっています。
架空請求業者が、まず得られない情報なんでしょう。それを判断の一つとすることは大切です。
他にも、じっくり読んでいけば、胡散臭い詐欺を働く人間が送ってきたメールであることは、判断できると思います。
もともとメールでは、有名通販サイトが会員情報の更新等を要請することはしていません。
こういうスパムメールが送られるようになった最近は、どの有名通販サイトもそのような対応を行っています。
ですから、アカウントが無効とか更新できないなどという文章があれば、まずは疑うべきです。

2021/05/05 20:51

 

_[1]_ _2_ _3_